“しぐれ”6月歌会のご案内

とき/平成29年6月23日(金)夕5時より
ところ/東上野区民館・301号室(東京都台東区東上野3-24-6)

かいひ/\1,500(ご投吟のみの方は\1,000)

※出席者はお題の5題(ご投吟のみの方は席題以外4題)に対し各3章、作品をお作りください。

宿題  「抜」  安藤陽子 選

宿題  「板」  阿部 勲 選

宿題  「奪」  大橋仙太郎 選

宿題  「全」  渡辺謙助 選

席題  「線」  鈴木秋霖 選

  
◎投吟所 〒111-0036 東京都台東区松が谷3-8-8 しぐれ吟社 吉住義之助
  
  都々逸しぐれ吟社は昭和12年から続く、東京で唯一の都々逸の吟社です。
  
  吟社および都々逸についての詳細はHPをご参照ください。
   http://www007.upp.so-net.ne.jp/wakazo/shigure.html

★皆さまのお越しをお待ちしています。
スポンサーサイト

しぐれ4月歌会三才作品

平成29年4月歌会4/28(金)東上野区民館3階和室

宿題 『職』 末松章子 選
天 
恋も仕事も決まらぬみたい娘の春眠終らない
              志村まさ尋
地 
無職の気ままに憧れながらそれでも踏み出すビルの街
              嶋本遊幾
人 
カタコト二つの弁当箱を下げて帰った夜勤明け    
              落合正子

宿題 『魚』 小野竹裏 選
天 
昨日の小骨が刺さったまんま君に小さくついた嘘         
              西谷笑子
地 
魚と付き合う水族館は人間ごっこに疲れた日        
              阿部 勲
人 
出世魚にもなやみがあって友が減ってくごぼう抜き
              阿部 勲

宿題 『忘』 安藤紀楽 選
天 
忘れられない津波の悲劇港に今年も春の波             
               長谷川宗太郎
地 
忘れられない助言があって今日も何とか生きている         
               佐藤潤子
人 
都忘れの描かれた色紙母が静かに語り出す          
               大橋仙太郎

宿題 『延』 西山智華 選
天 
も少しあなたと一緒にいたい延命治療に押すハンコ
               石塚芳華
地 
思いがけない嬉しい声にこのまま切りたくない電話
               安藤陽子
人 
高速道路が郷里まで延びて母の笑顔が近くなる            
               小野桂之介

席題 『久』 嶋本遊幾 選
天 
たまには行くかと二人で遠出口笛吹くのも久しぶり
               大橋仙太郎
地 
いい事あった日久方ぶりに抜いたビールの音の良さ
               黒沢きみ子
人 
元気でいるかい久しい声に思い出話の走馬燈
               安藤陽子

“しぐれ”5月歌会のご案内

とき/平成29年5月26日(金)夕5時より
ところ/東上野区民館・301号室(東京都台東区東上野3-24-6)

かいひ/\1,500(ご投吟のみの方は\1,000)

※出席者はお題の5題(ご投吟のみの方は席題以外4題)に対し各3章、作品をお作りください。

宿題  「兄」  落合正子 謝選

宿題  「左」  佐藤俊亮 氏選

宿題  「苦」  萩原正臣 氏選

宿題  「札」  弘 二三夫 氏選

席題  「細」  吉住義之助 謝選

  
◎投吟所 〒111-0036 東京都台東区松が谷3-8-8 しぐれ吟社 吉住義之助
  
  都々逸しぐれ吟社は昭和12年から続く、東京で唯一の都々逸の吟社です。
  皆さまのお越しをお待ちしています。

しぐれ3月歌会三才作品

平成29年3月歌会3/24(金)東上野区民館3階和室

宿題 『寄』 桂 文生 選
天 
飲み手が寄らない吹雪になって戸棚であくびの燗徳利
              稲葉建正
地 
よろける足許躓く歩行寄り添う女房が杖になる
              森 健二
人 
ふん切りつけたい心を洗う月の高さに寄せる波    
              安藤陽子

宿題 『背』 森 健二 選
天 
次のレースに駿馬が勇む背中叩いて送り出す         
              長谷川宗太郎
地 
登る若鮎背を光らせて飛沫に命を躍らせる        
              長谷川宗太郎
人 
遠い昔に背いた彼の訃報目にして花を買う
              石塚芳華

宿題 『納』 印牧小ばん 選
天 
納品済ませた夕焼け空に叩く軍手の春埃             
               鈴木秋霖
地 
スーツも敬語も納まり悪く鏡に名刺を出してみる         
               末松章子
人 
アホで納まる関西弁に関東あほうがつっかかる          
               志村まさ尋

宿題 『里』 志村まさ尋 選
天 
ダムに沈んだふるさと遙かおふくろ艶やかだった日々
               小野竹裏
地 
熨斗のかかった一升瓶も並んで見ている里神楽
               稲葉建正
人 
桜の蕾も一緒に待ってくれてた娘の里帰り            
               末松章子

席題 『都』 吉住義之助 選
天 
なんだ神田は本屋の都杜の都はずんだ餅
               桂 文生
地 
妙に昭和の家並みを見せて都バスは大塚錦糸町
               佐藤孔亮
人 
潤い欲しけりゃ買ったらいいさ東京砂漠に慣れてくる
               落合正子

“しぐれ”4月歌会のご案内

とき/平成29年4月28日(金)夕5時より
ところ/東上野区民館・301号室(東京都台東区東上野3-24-6)

かいひ/\1,500(ご投吟のみの方は\1,000)

※出席者はお題の5題(ご投吟のみの方は席題以外4題)に対し各3章、作品をお作りください。

宿題  「職」  末松章子 謝選

宿題  「魚」  小野竹裏 氏選

宿題  「忘」  安藤紀楽 氏選

宿題  「延」  西山智華 氏選

席題  「久」  嶋本遊幾 謝選

  
◎投吟所 〒111-0036 東京都台東区松が谷3-8-8 しぐれ吟社 吉住義之助
  
  都々逸しぐれ吟社は昭和12年から続く、東京で唯一の都々逸の吟社です。
  
  吟社および都々逸についての詳細はHPをご参照ください。
   http://www007.upp.so-net.ne.jp/wakazo/shigure.html

★皆さまのお越しをお待ちしています。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.