FC2ブログ

しぐれ六月歌会三才作品

平成30年6月歌会6/22(金)東上野区民館3階和室

宿題 『露』 吉住義之助 選
天 
今年の一鉢団十郎に決めて薄むらさきの露
              末松章子
地 
虹の欠片を見かけた垣根も一度如雨露の首を振る
              後藤園生
人 
露天風呂から見る夕焼けが今日をいい日で締めくくる   
              嶋本遊幾

宿題 『悪』 西山智華 選
天 
コハゼ五枚目ぎりぎり締めて悪い女が出来上がる         
              佐藤孔亮
地 
手配写真は選んだらしいいかにもやったの顔にする        
              島田駱舟
人 
素敵な悪さを企むほどに君のえくぼが深くなる
              大島歌織

宿題 『怒』 西谷笑子 選
天 
次に逢う日の約束くれてふくれた頬っぺを黙らせる             
               西山智華
地 
無言で受け取る弁当箱の妻の怒りを食っている         
               末松章子
人 
怒り心頭おつむの湯気が少ない髪の毛立ち上げる          
               大橋仙太郎

宿題 『活』 萩原正臣 選
天 
利発活発子どもの頃の私を探した通信簿
               末松章子
地 
梅雨を押しのけ割り込む晴れ間団地活き活きシーツ舞う
               大橋仙太郎
人 
葉書き一枚次いでに野菜過疎の生活に郵便屋            
               桂  文生

席題 『富』 嶋本遊幾 選
天 
富も名誉も悩みも憂さも吸い込む今夜の大宇宙
               渡辺謙助
地 
コロッケ一つの食卓だけど愛は山盛りてんこ盛り
               相原あやめ
人 
二人の想いの一足す一が三にも四にもなる至福
                西山智華
スポンサーサイト

第31回下町七夕まつり 都々逸飾り

第31回 下町七夕まつり 都々逸飾り

★今日が本番七夕まつり 雨を晴らして星が降る              
 久 米 ひろ子

★シャンシャンの 寝ても食べてもあくびをしても 可愛い仕草にかなわない           
 豊     夏 美

★胡弓の音色に合わせて踊る 人の流れがやわらかい
 長  嶋  春  義

★YMCA貴公子ヒデキ カンゲイフィーバー天の川            
 印  牧  小ばん

★星に願いをかけ続けてる 無理な願いと知ってても
 松  田     一

★去年の願いと今年も同じ 家族円満みな笑顔
 歌  坂  理  恵

★スカイツリーが星くず集め 街は幸せ笹飾り
 村  上     妙

★かっぱ橋にも外人あふれ 東京五輪へあと2年
 藤  田  裕  哉

★来年も 元気で短冊書けますように そう書き短冊結ぶ笹          
 澤  渡  延  代

★星も輝き賑わうまつり 浮かれてカッパも踊り出す               
 森 崎  清 三

★飾りさやさやたなびく下を ビール片手に合羽橋
 川  西  里  加

★笑顔涼しい都々逸飾り 今年も七夕盛り上がる             
 浜  田  頓  坊

★近づく五輪をこの目で見たい 星に願いの我が余生           
 茂  呂     琴

★スカイツリーに上がってごらん 夜の眼下は星の街               
 森     健  二

★短冊お願いほほえましくて 子どもに平和をいつまでも               
 小 川 野   蛙

★あなたに逢えない今夜の銀河 隠す雲さえ憎らしい            
 州  戸  行々子   
   

★戦いなき世をみんなで願う 平和にぎわう大通り
 森  本  晶  子

★大谷翔平今夜も打った 月も喜ぶホームラン          
 山  口  絵日傘

★てるてる坊主に願いを込めて 星はデートを心待ち        
 竹  内  三  友

★かっぱ伝説今でも生きて 笑顔あふれるかっぱ橋            
 林      ケン坊

★笹の短冊何光年も 先で読んでるお星様         
 後  藤  園  生

★今年こそはと浴衣を仕立て 誘い待ってる星まつり            
 相  原   あやめ

★彦星織姫二人の仲に 嫌(や)なこと流せる川がある             
 芦  田  蟻  好

★二人の再会見守るように 梅雨は今日だけ一休み              
 佐  藤  潤  子

★年に一度の逢い引きだけど 星の寿命は無限大            
 髙  橋     賢

★ふたりのリズムに笹の葉踊る 風も優しいハーモニー          
 萩  原  正  臣

★君と僕との願いはひとつ 笹にハートの絵がゆれる     
  栃  原  輝  昭

★これがほんとにミルキーウェイ 山の小屋から見る夜空            
 安  藤  紀  楽

★織姫彦星寄り添い合って 人という字を作ってる           
 服  部     晋 

★門限過ぎても帰らぬ娘 誰と七夕見てるやら             
 志  田  則  保

★宵の浅草二人で歩く 浴衣姿が板に付く            
 管  野   あきら

★おりひめ彦星何して遊ぶ 今夜曇ってかくれんぼ            
 嶋  本  未  希

★川をはさんで一年待った 今夜はうれしい星二つ         
 渡  辺  謙  助

★一度の逢瀬にすべてを込めた 煌めく星座を見る今宵         
 岡  野   美恵子

★カッパ橋から仰いだ夜空 二人で数えた星の数           
 大  橋   仙太郎

★夢のある町七夕まつり 今年もかっぱの勢揃い           
 渡  辺   とみ子

★地上の星よと気取ってみたが どうもおいらは流れ星         
 小  野   桂之介

★銀河列車にあなたと乗って 渡ってみたいわ天の川       
 黒  沢   きみ子

★今年も出掛ける揃いの浴衣 孫がはしゃいだかっぱ橋            
 葉  山  湘  風

★星のウインクもうすぐきっと 願い叶うという印         
 大  島  歌  織

★星に届けと願いを書いた 短冊すずしい風になる             
 鈴  木  秋  霖

★もんじゃ食べよかあんみつ買おか 行きつ戻りつかっぱ橋             
 志  村   まさ尋 

★空で熱唱してると思う ヒデキがローラを探してる            
 篠  田   み や

★銀河鉄道みんなの夢を 乗せて宇宙を駆け巡る          
 長谷川   宗太郎

★スカイツリーも一役買って 七夕まつりを引き立てる           
 中  島   和  子

★都会のネオンも月から見れば ダイヤモンドに見えるはず             
 島  田   駱  舟

★熱中症には用心深く 織女が水汲む天の川        
 阿  部      勲

★君の分まで元気で居るよ 天の川から見ててくれ              
 小  宮  昭  子

★牽牛織女が一年ぶりに 逢瀬楽しむ天の川     
 松  井  天  遊

★澄んだ夜空の星座の中に そっと二人の隠れ場所           
 関  口   のぎり

★河童見たさに迷宮旅行 胡瓜カバンに詰めて行く            
 岩  田  信  夫

★平成最後の七月七日 小さなロマンス待っている          
 西  谷  笑  子

★星へ願った未来の地図は きっとあなたと同じ夢             
 西  山  智  華


★2020(フレーフレー)の東京五輪 たぶん見ながら飲みながら            
 佐  藤  俊  亮

★今更戻れぬ故郷の山河 想い出させる祭り笛             
 西  潟   賢一郎

★空へ浮かんだ入道雲へ まっすぐ駆けてく夏休み          
 嶋  本  遊  幾

★かっこであんよでおべべの孫に 歩幅あわせる星まつり          
 上  田  野  出

★YMCA歌って跳ねて 昭和のスターが星になる              
 末  松  章  子

★見所いっぱいカッパの街で スカイツリーがど真ん中           
 桂      文  生

★囲碁も将棋もお相撲だって 星を取るには苦労する                     
 落  合  正  子
 

★胡弓の音色に呼び寄せられて 今年も来ましたかっぱ橋            
 安  藤  陽  子

★闘病十年頑張りました 西城秀樹も星になる          
 佐  藤  孔  亮

★かっぱ橋から明るい夢を 世界に発信しています                     
 吉  住  義之助 

                    (順不同)

“しぐれ”七月歌会のご案内

とき/平成30年7月27日(金)夕5時より
ところ/東上野区民館・301号室(東京都台東区東上野3-24-6)

かいひ/\1,500(ご投吟のみの方は\1,000)

※出席者はお題の5題(ご投吟のみの方は席題以外4題)に対し各3章、作品をお作りください。

宿題  「鍵」  安藤陽子 選

宿題  「季」  阿部 勲 選

宿題  「強」  佐藤潤子 選

宿題  「折」  長谷川宗太郎 選

席題  「理」  佐藤孔亮 選

  
◎投吟所 〒111-0036 東京都台東区松が谷3-8-8 しぐれ吟社 吉住義之助
  
  都々逸しぐれ吟社は昭和12年から続く、東京で唯一の都々逸の吟社です。
  
  吟社および都々逸についての詳細はHPをご参照ください。
   http://www007.upp.so-net.ne.jp/wakazo/shigure.html

★皆さまのお越しをお待ちしています。

しぐれ五月歌会三才作品

平成30年5月歌会5/25(金)東上野区民館3階和室

宿題 『港』 末松章子 選
天 
離陸の瞬間空港消えて体をこころが抜けて行く
              篠田みや
地 
競りの金目がまるまる太り下田港に夏が来る
              小野桂之介
人 
ペットフードを食べない猫は港仕込みの舌を持つ    
              佐藤潤子

宿題 『事』 島田駱舟 選
天 
誤解曲解解かずにおこうだって事実はなお悪い         
              後藤園生
地 
砂が体にザラザラ落ちたあなたの訃報の長い記事        
              篠田みや
人 
後生大事にしたプライドを新入社員が鼻で吹く
              志村まさ尋

宿題 『爪』 黒沢きみ子 選
天 
露天の湯煙手招く旅の心とろかす差し向い             
               西山智華
地 
ふり向くあなたに笑顔が見えて小さな悩みが煙になる         
               稲葉建正
人 
地獄極楽別府の坂は上れば煙も立ち上る          
               佐藤孔亮

宿題 『所』 関口のぎり 選
天 
子らも混じって近所の掃除良い日始まる街の風
               大橋仙太郎
地 
こんな所に段差があってわたしをつまずき易くする
               森崎清三
人 
どこか返事も斜めになる日虫の居所置き処            
               鈴木秋霖

席題 『半』 鈴木秋霖 選
天 
半分以上はいつもの愚痴でお袋まずまず元気そう
               末松章子
地 
花も盛りの景色となって初夏へ半襟掛け替える
               西山智華
人 
中途半端な半生だった中途半端に振り返る
               葉山湘風

平成30年“しぐれ”6月歌会

とき/平成30年6月22日(金)夕5時より
ところ/東上野区民館・301号室(東京都台東区東上野3-24-6)

かいひ/\1,500(ご投吟のみの方は\1,000)

※出席者はお題の5題(ご投吟のみの方は席題以外4題)に対し各3章、作品をお作りください。

宿題  「露」  吉住義之助 選

宿題  「悪」  西山智華 選

宿題  「怒」  西谷笑子 選

宿題  「活」  萩原正臣 選

席題  「富」  嶋本遊幾 選

  
◎投吟所 〒111-0036 東京都台東区松が谷3-8-8 しぐれ吟社 吉住義之助
  
  都々逸しぐれ吟社は昭和12年から続く、東京で唯一の都々逸の吟社です。
  
  吟社および都々逸についての詳細はHPをご参照ください。
   http://www007.upp.so-net.ne.jp/wakazo/shigure.html

★皆さまのお越しをお待ちしています。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.