平成29年しぐれ吟社創立80周年記念大会ご案内

日時 平成29年11月23日(木・祝)午前11時開場
会場 湯島天満宮参集殿1階(東京都文京区湯島3-30-1)

会費 5,000円 (弁当、茶菓、記念品・しぐれ誌・昼食 呈上)  

宿題(各題二章吐、表現自由、三才紘入開港、締切正午)投吟拝辞

宿題  「紙」      篠田みや選

宿題  「グッバイ」  稲葉建正選

宿題  「鈴」      嶋本遊幾 選

宿題  「八」      鈴木秋霖 選

席題  「寿」      吉住義之助選

  
  特別出演 桂 文生師、豊 夏美師御社中、
       佃川燕也師(大江戸玉すだれ)、矢下勇創師(尺八演奏)

★皆さまのお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト

平成29年9月しぐれ三才作品

平成29年7月歌会9/22(金)東上野区民館3階和室

宿題 『秋』 桂 文生 選
天 
銀座の人並み秋色染めて影を夕陽が囲んでる
              安藤陽子
地 
可愛い頬っぺに紅葉を散らし町のおきゃんがきこし召す
              本埜媚薬
人 
飛ぶと云うよりぶつかり止まり青息吐息よ秋の蝉    
              森 健二

宿題 『黄』 佐藤潤子 選
天 
ホームを寄り添う盲導犬の足も黄色い線を踏む         
              稲葉建正
地 
地球が出してるイエローカード奢るヒト科が気付かない        
              阿部 勲
人 
黄金の稲穂に手招きされて雀がかかしの目を盗む
              落合正子

宿題 『外』 島田駱舟 選
天 
どうせスマホは圏外だから飛びきり美味しい嘘をつく             
               佐藤孔亮
地 
みんな取り越し苦労で済んだ御礼参りの鈴の音         
               末松章子
人 
今度こそはの期待が外れ婚活帰りの縄のれん          
               大橋仙太郎

宿題 『傷』 志村まさ尋 選
天 
互いの傷には触れない旅へ富士がくっきり晴れあがる
               佐藤孔亮
地 
名所旧跡相合傘の馬鹿の名前が彫ってある
               末松章子
人 
不倫騒ぎの食傷気味へパンダの名前のお楽しみ            
               佐藤孔亮

席題 『魂』 鈴木秋霖 選
天 
時代がひとおつ終わったようないい人煙になっちまう
               嶋本遊幾
地 
虫螻だとても虫には虫の魂宿して生きている
               久米ひろ子
人 
魂揺さぶるじょんがら節に冷やが六腑を駆けめぐる
               小野桂之介

“しぐれ”10月歌会のご案内

とき/平成29年10月27日(金)夕5時より
ところ/東上野区民館・301号室(東京都台東区東上野3-24-6)

かいひ/\1,500(ご投吟のみの方は\1,000)

※出席者はお題の5題(ご投吟のみの方は席題以外4題)に対し各3章、作品をお作りください。

宿題  「福」  末松章子 選

宿題  「乱」  佐藤孔亮 選

宿題  「草」  西山智華 選

宿題  「永」  落合正子 選

席題  「意」  吉住義之助 選

  
◎投吟所 〒111-0036 東京都台東区松が谷3-8-8 しぐれ吟社 吉住義之助
  
  都々逸しぐれ吟社は昭和12年から続く、東京で唯一の都々逸の吟社です。
  
  吟社および都々逸についての詳細はHPをご参照ください。
   http://www007.upp.so-net.ne.jp/wakazo/shigure.html

★皆さまのお越しをお待ちしています。

平成29年7月しぐれ三才作品

平成29年7月歌会7/28(金)東上野区民館3階和室

宿題 『長』 佐藤孔亮 選
天 
今日はご免と言う日もあって熟す介護の長丁場
              安藤紀楽
地 
言葉の上げ底中味のうすさ自慢話がまだ続く
              鈴木秋霖
人 
写真判定鼻差の勝ちに顔の長さを誉めてやる    
              安藤紀楽

宿題 『通』 長谷川宗太郎 選
天 
垣根の上から虫取り網が通る昭和が晴れていた         
              末松章子
地 
シャッター開ければとび込む朝日通りに元気な今日が来る        
              鈴木秋霖
人 
ほっと一息つきたい時はここの通りの十軒目
              安藤陽子

宿題 『宿』 関口のぎり 選
天 
指宿温泉砂蒸し風呂の拷問みたいな首の列             
               印牧小ばん
地 
屋根の下から隙間が消えて都会のすずめに宿がない         
               大橋仙太郎
人 
恋も別れも詠む文机わたしの宿り木謡がある          
               黒沢きみ子

宿題 『砂』 中島和子 選
天 
砂場ののれんをひょいっとくぐり抜きを頼んだ昼下がり
               葉山湘風
地 
待ってた時間はアナログ時計逢ってる時間は砂時計
               鈴木秋霖
人 
砂場遊びも出来ない児らの心がずんずん干からびる            
               小野竹裏

席題 『緑』 吉住義之助 選
天 
庭の植木に恵みの雨が緑を緑にして晴れる
               久米ひろ子
地 
木々の緑を風駆け抜けて夏を弾んだネックレス
               嶋本遊幾
人 
それでも緑郎それでも新派昭和の芝居が蘇る
               佐藤孔亮

平成29年“しぐれ”9月歌会のご案内

とき/平成29年9月22日(金)夕5時より
ところ/東上野区民館・301号室(東京都台東区東上野3-24-6)

かいひ/\1,500(ご投吟のみの方は\1,000)

※出席者はお題の5題(ご投吟のみの方は席題以外4題)に対し各3章、作品をお作りください。

宿題  「秋」  桂 文生 選

宿題  「黄」  佐藤潤子 選

宿題  「外」  島田駱舟 選

宿題  「傷」  志村まさ尋 選

席題  「魂」  鈴木秋霖 選

  
◎投吟所 〒111-0036 東京都台東区松が谷3-8-8 しぐれ吟社 吉住義之助
  
  都々逸しぐれ吟社は昭和12年から続く、東京で唯一の都々逸の吟社です。
  
  吟社および都々逸についての詳細はHPをご参照ください。
   http://www007.upp.so-net.ne.jp/wakazo/shigure.html

★例年の通り八月歌会は休会とさせていただきます。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.