FC2ブログ

新入会の方へ

新入会の方へ

1 しぐれ吟社は、都々逸を “詩” に高めようと努力している吟社です。
  しぐれ歌会 及び 投吟にご参加の方は都々逸づくりを楽 しんで下さい。

2 会費 (歌会参加費) 以外、入会金は不要です。

3 しぐれ歌会は、原則として年10回を予定しています。
  (8月 ・ 12月は開催しません。)
  日程 → 原則として第4金曜日が歌会開催日です。
  会場 → 特別な場合を除き 「東上野区民館」
         東京都台東区上野3-24-6

4 歌会 → 来月歌会の 宿題 ・ 選者 ・ 会場 ・ 日時 等をしぐれ誌上に発表及び葉書でご案内しています。
  1 歌会ご出席のとき、会費(1500円)を会場受付へ。
  2 しぐれ誌・句箋等を受け取る。
  3 作品を句箋(現在は3章)に書き、締め切り時間(午後6時30分)までに投吟する。
  4 選者が選をしている間は歓談等で過ごす。
  5 披講 の のち 散会

5 投吟 → 初めてのご参加の方は宿題3章までの作品を一枚の便箋に列記して投吟料(1千円)を同封する。
  次回からは、句箋 (当会より送付) に1章ずつ各宿題作品を書き、裏に雅名を小さく記入のこと。
  投吟料1千円と句箋と控えの便箋を同封して、歌会前日迄に吟社に郵送して下さい。
  歌会参加の「成績」は、控えの便箋にしるし、前回の発表誌と共に吟社より郵送します。

6 人生の機微を 七 ・ 七 ・ 七 ・ 五 で、たのしく表現して下さい。粋がり 揶揄 尊大 卑猥・・・等は避けて自分や生活 願  
  い等をどう詠むかの工夫をして下さい。
 ------------------------------------------------------

        都々逸ペンクラブ・しぐれ吟社
        〒111-0036 東京都台東区松が谷3-8-8
        吉住義之助

(しぐれ誌第733号より)
スポンサーサイト

都々逸・しぐれ吟社について

 都々逸ペンクラブ「しぐれ吟社」は、昭和12年、作家・平山芦江や劇作家・長谷川伸などの「現代都々逸運動」に賛同した若手都々逸作家らによって結成されました。

 戦争による2年間の休会はありましたが、現在まで75年の歴史を持つ東京唯一の「創作都々逸歌会」として活動しています。

現在は、
【主宰】
 吉住義之助
【同人(運営スタッフ)】
 西潟賢一郎
 山崎美津
 上田野出
 桂 文生
 佐藤孔亮
 安藤陽子
 嶋本遊幾
 落合正子
 末松章子
ほか多くの会員のご協力により、毎月第4金曜日(変更あり)に東京・上野にて例会を開催しております。

歌会の会場は平成16年9月の歌会から「台東区立東上野区民館」(東京都台東区東上野3-24-6)にて開催しておりますが、周年記念の「大会」は浅草公会堂などで開催することもあります。

吟社として歌会以外の最近のおもな活動は
■湯島天満宮(湯島天神)境内「都々逸之碑」建立協力(2008.12)
■湯島天満宮都々逸全国大会 企画・運営(2009.11~)
■落語協会「圓朝まつり」内イベント「文生・小金馬のたのしい現代都々逸づくりコーナー」協力(2006.08~)
■新潟・永林寺「都々逸碑」建立協力(2009.09)
ほか 
を行っています。

都々逸をつくりたい、また触れてみたい、という方は
しぐれ吟社(投吟所=東京都台東区松が谷3-8-8)またはメールsigure700@yahoo.co.jp(@を半角に代えてください)まで
ご連絡ください。
一人でも多くの方に、日本語のうつくしさ、7775の持つリズムの楽しさを知ってもらえたらと思います。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.