第2回「謝楽祭」(落語協会主催)上位入選作品


残暑厳しい9月4日(日)、今年も「謝楽祭」(落語協会主催)が湯島天満宮で盛大に催されました。落語家さんとファンのたくさんの交流イベントが行われ、その中のひとつ「小金馬と文生の都々逸コーナー」は鳥居外の梅香殿2階で午後1時半から開催されました。
上位入賞作品を紹介いたします。

兼題『 道 』 三遊亭小金馬 選

五客 
気楽に近道選んだはずが迷い迷わす生きる道
                萩原正臣

三道楽煩悩落語に聞いて俺はどこまで慎ましい
                葉山湘風

肌を焦がして照るアスファルト淡い浴衣の蜃気楼
                北村 柊

ふたりで歩けばみじかい小道ひとりで歩けば長い道
                鈴木秋霖

揃いの浴衣の袂を引いて帰りたくない遠回り
                西山智華
人  
愛の悲しみおどけて見せた胸に道化師住んでいる
                関口のぎり
地  
山あり谷ありふと振りかえりゃよくぞここまで夫婦道
                山本二郎
天  
真実一路の神前挙式愛を誓えと打つ太鼓
                遠藤千義
 

兼題『 苦 』 桂 文生 選

五客 
苦しい時だけ衣の裾に縋る勝手な無神論
                印巻小ばん

苦労ばかりを母には掛けた墓を洗って手を合わす
                弘二三夫

手紙の消印見返すたんび帰らぬあの日がほろ苦い
                嶋本遊幾

苦労知らずに今まで生きてあんたに会って苦労する
                馬場昭夫

残暑見舞いに返事を書かぬままの秋刀魚がほろ苦い
                末松章子
人  
ブラックコーヒーほろ苦くって恋が彷徨う夜明け前
                西山智華
地  
苦笑くしゃみがいっしょになってくだらん話をふっ飛ばす
                鈴木秋霖
天  
苦しまぎれの言い訳だから何も言わずにたたく肩
                安藤陽子

兼題『 家 』 吉住義之助 選

五客 
家がやっぱり一番いいと亭主が聞こえるように言う
                末松章子

小さないさかい小さな家出こころ静めて帰ります
                安藤陽子

喜寿も卒寿もピンコロ夢にまあるく住んでるシェアハウス
                印巻小ばん

食卓囲めば笑顔が咲いてわが家へまあるい灯がともる
                嶋本遊幾

私の笑顔を待ってる顔が夕陽の家路を急がせる
                西山智華
人  
あんな男と思っていたが家の娘が惚れている
                関口のぎり
地  
門前の小僧よろしく受け継ぐ家業ずっと見ていたいい手つき
                澤渡延代
天 
熊さん八っツァン大家も入れて秋の夜長の大笑い
                落合正子


(A・S)
スポンサーサイト

平成28年しぐれ七月歌会三才作品

平成28年7月歌会7/22(金)東上野区民館3階和室

宿題 『力』 落合正子 選
天 
年代ごとへのきれいが見える若さだけではない魅力
              黒沢きみ子
地 
名刺一枚百人力の肩書風切る縦社会
              葉山湘風
人 
空は真っ青子供は元気並んで見せ合う力こぶ    
              篠田みや

宿題 『奥』 阿部 勲 選
天 
羽織る敬語の奥床しさへ新語が薄着でかっ歩する         
              稲葉建正
地 
昭和絵巻の襖の奥へ巨泉六輔雲隠れ        
              渡辺謙助
人 
年下上司のお疲れさんに奥歯にはさんだ嘘がある
              志村まさ尋

宿題 『電』 大橋仙太郎 選
天 
たったひと日の逢う日のために充電させてる今が旬             
               黒沢きみ子
地 
二人の想いを確かめ合った停電していた二分間           
               篠田みや
人 
接待終ってお客を送りほっと一息終電車          
               弘 二三夫

宿題 『寂』 西山智華 選
天 
寂しい気持が声聞きたくてごめんね用事もないのにね
               安藤陽子
地 
みんな寂しいポケモンGOで誰かに会いたい人ばかり
               佐藤孔亮
人 
ただいま返事のない寂しさはお帰り自分でする返事            
               鈴木秋霖

席題 『寝』 吉住義之助 選
天 
彼の魅力は言わぬが花で直してあげたい寝ぐせ髪
               落合正子
地 
寝言じゃ済まない寝言を言って笑うに笑えぬ朝が来る
               佐藤孔亮
人 
海はしょっぱく西瓜は甘く茣蓙を転がる昼寝の子
               末松章子

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.