FC2ブログ

第8回 都々逸全国大会 作品集

 秋晴れの11月23日(水・祝)、湯島天満宮参集殿1階広間にて、湯島天神 都々逸之碑 建立8周年記念「都々逸全国大会」が催されました。菊祭りで賑わう境内には七五三の可愛い姿がありました。
 遠方からの参加者も迎えた歌会は、三遊亭金朝師の軽妙な司会により和気藹々と進みます。101歳の米多吉吾郎氏のハーモニカ演奏に大きな拍手が送られ、三遊亭小金馬、桂文生両師匠の落語に盛り上がりました。
 今回、事前に募集された「自由吟」の選は、エッセイストの海老名香葉子さん、今夏24時間テレビでマラソンを完走した落語家の林家たい平師匠、しぐれ吟社の鈴木秋霖、吉住義之助の4氏が行い、選の合点により順位が決定されました。
 各選者の天位作品は、豊夏美師匠の三味線と貴詞いち子さん(劇団・新派)の都々逸振りにのせ、今回も岩田信夫氏により華やかに歌い上げられました。
 ベスト20作品を紹介いたします。

第1位   
見せるつもりで書いたと思う 母の日記に泣かされる  
11点         佐藤孔亮 (東京)

第2位   
うしろの席から蜜柑が香る ふるさと近づく夜行バス
9点         末松章子  (東京)

第3位
独り暮らしに少しは慣れて 夫婦茶碗でお茶を呑む    
9点          松井天遊(東京) 

第4位
落葉踏む音俺より元気 犬に負けたくない散歩   
8点          鈴木秋霖 (埼玉)

第5位
決めたこの道一直線に   夢の扉へ走り出す
8点          安藤陽子  (東京)

第6位 
あした又ねと子どもが帰りゃ 夕日がブランコ漕いでいる   
8点          向井智恵子 (茨城)

第7位  
羊羹海苔巻き集合写真 どれも端っこそこが好き      
7点          林 健二  (埼玉)

第8位  
今日にピリオド晩酌終えて 明日のいい風期待する     
7点          森崎清三  (東京)

第9位  
昨日出来たの今日まだ出来る 去年出来たのもう出来ぬ
7点          日野 詮 (茨城)

第10位 
電車と衝突するほど群れて コスモス揺れてる無人駅       
7点          平間貴行  (茨城)

第11位 
あの時もしもを沢山越えて 今の私がここにいる   
7点          里中 弓  (東京)

第12位 
どんどん上昇平均寿命 笑いが一番いい薬    
6点           助川浩史 (茨城)

第13位 
意地と言う名の突支(つっか)え棒も外れ空しさ残る日々    
6点          遠藤輝子  (茨城)

第14位 
年を取っても無欲になれず 夢は七億宝くじ 
6点          野口由紀子 (茨城)

第15位 
笑顔ばかりのアルバムめくり あった気がする別の道    
6点          島田駱舟 (千葉)

第16位
寝込む私を優しく介護 違うあなたを見つけた日       
6点          小宮昭子 (埼玉)

第17位 
赤い公衆探して黒の ベルを鳴らした昭和の日      
5点          森本謙三 (高知)

第17位 
遠い軍国少女を偲ぶ 神風信じた日の若さ    
5点          川澄と貴子  (茨城)

第19位 
産んで良かったあのどん底で 育つ綺麗な子の瞳 
5点          長谷川宗太郎 (東京) 

第19位 
久しぶりだよふる里訪えば 幼な馴染が皺で来る     
5点         吉村流星 (岐阜)

第20位
道を跨いで里山抱いて 虹は惜しげもなく消える
4点         根本真貴 (茨城)

第20位
小指で紅点し傘寿の母は 父と二人でティールーム
4点         棚澤砺音  (東京)


   *   *   *   *   *   *

選者  海老名香葉子 (エッセイスト)
     林家 たい平  (落語家)
     鈴木 秋霖  (旧しぐれ吟社同人)
     吉住 義之助  (しぐれ吟社主宰)

*参加・139章
各選者は 三才・五客・七秀・佳作15章を選んでいます。
合点の際の採点は「三才(天・地・人)・5点」「五客・3点」「七秀・2点」「佳作・1点」とし、同点の際は「位勝ち(より上位の入選歌が 多い作品)」で順位をつけております。
   
    *   *   *   *   *   *

★全国大会にご参加くださったすべての方々に感謝申し上げます。
                           
                                   (A・S)        
スポンサーサイト



平成28年10月しぐれ三才作品

平成28年10月歌会10/28(金)東上野区民館3階和室

宿題 『変』 安藤陽子 選
天 
まちの変貌ゆっくり見せて都電も貴重な足となる
              中島和子
地 
どこの夫婦もそう変りなく平和日本の両隣り
              米多吉吾郎
人 
少しどころかいっぱい増えた久し振り会う笑い皺    
              鈴木秋霖

宿題 『実』 嶋本遊幾 選
天 
今日をいい日にしてくれそうな木の実弾けた音で降る         
              黒沢きみ子
地 
実物大より長ぁく伸びて俺にも色づく影がある        
              稲葉建正
人 
不実なじった女の酒は今日はいつもと違う酔い
              鈴木秋霖

宿題 『等』 関口のぎり 選
天 
窓の向こうを横切る風も景色もあなたとはんぶんこ             
               西谷笑子
地 
あなたの隣の特等席へ永久予約を決めている           
               西山智華
人 
いつか翼が生えたら飛ぼう子等が見上げる広い空          
               落合正子

宿題 『塩』 早川若丸 選
天 
盛り塩済ませた一段落にひとひらふたひら舞う落ち葉
               鈴木秋霖
地 
晩酌二合が良い塩梅で夢を誘う常備薬
               長谷川宗太郎
人 
十月子宮が手塩にかけて赤ちゃんおぎゃーと船出する            
               阿部 勲

席題 『尽』 吉住義之助 選
天 
相性以外のいいとこあって尽くす女になりきれる
               鈴木秋霖
地 
家族みんなに満点貰い父は天寿を燃え尽きる
               安藤紀楽
人 
尽くし上手で尽くされ下手で母はわが家の青い鳥
               阿部 勲

平成28年“しぐれ”特別歌会ご案内

日時・平成28年11月23日(水・祝)午前10時開場
会場・湯島天満宮(湯島天神)参集殿1階広間(東京都文京区湯島3-30-1)

会費・5,000円 (記念誌・記念品・昼食 呈  / ご投吟のみの方は1,000円)

※参加者はお題の5題に対し各2章、作品をお作りください。

宿題  「同」  末松章子 謝選

宿題  「道」  阿部  勲氏選

宿題  「糸」  稲葉建正 氏選

宿題  「痛」  落合正子 謝選

席題  「会」  鈴木秋霖 氏選

  
◎投吟所 〒111-0036 東京都台東区松が谷3-8-8 しぐれ吟社 吉住義之助
  
  都々逸しぐれ吟社は昭和12年から続く、東京で唯一の都々逸の吟社です。
  
  吟社および都々逸についての詳細はHPをご参照ください。
   http://www007.upp.so-net.ne.jp/wakazo/shigure.html

★皆さまのお越しをお待ちしています。

Powered by FC2 Blog

Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.