FC2ブログ

平成30年しぐれ3月歌会三才作品

平成30年3月歌会3/23(金)東上野区民館3階和室

宿題 『参』 佐藤俊亮 選
天 
春だし閑だし一杯呑める大きく参加に丸をする
              末松章子
地 
普段着姿の一番隅の母をふり向く参観日
              末松章子
人 
話したいことたくさんあって二分の桜と墓参り    
              本間 愛

宿題 『乾』 安藤紀楽 選
天 
平成名残りの桜もいいね乾通りの春うらら         
              佐藤孔亮
地 
乾いた大地に芽吹いた緑三陸あの日の春が来る        
              長谷川宗太郎
人 
ため息まじりに乾かすネイル終わりにしようかこんな恋
              小川野 蛙

宿題 『子』 久米ひろ子 選
天 
思いはあの子に届かぬまんま受話器に無言がぶら下がる             
               嶋本遊幾
地 
子には子の夢見させてあげる立派過ぎない親でいい         
               黒沢きみ子
人 
親子代々下町育ち義理と人情と痩せ我慢          
               髙橋 賢

宿題 『女』 小野桂之介 選
天 
女に負けない色気を出して女形に男の影がない
               森崎清三
地 
胸のふくらみ薄着で見せて春が揺れてるネックレス
               長谷川宗太郎
人 
夢の続きがも一度見たいこんなに逢いたいひとの影            
               嶋本遊幾

席題 『春一切』 吉住義之助 選
天 
花を眺めて待ってる駅に野暮な電車がやって来る
               佐藤孔亮
地 
祈願押し退け御礼の絵馬がお宮に嬉しくぶら下がる
               関口のぎり
人 
印半天背中が跳ねて桜を縫ってく人力車
               末松章子
スポンサーサイト



新入会の方へ

新入会の方へ

1 しぐれ吟社は、都々逸を “詩” に高めようと努力している吟社です。
  しぐれ歌会 及び 投吟にご参加の方は都々逸づくりを楽 しんで下さい。

2 会費 (歌会参加費) 以外、入会金は不要です。

3 しぐれ歌会は、原則として年10回を予定しています。
  (8月 ・ 12月は開催しません。)
  日程 → 原則として第4金曜日が歌会開催日です。
  会場 → 特別な場合を除き 「東上野区民館」
         東京都台東区上野3-24-6

4 歌会 → 来月歌会の 宿題 ・ 選者 ・ 会場 ・ 日時 等をしぐれ誌上に発表及び葉書でご案内しています。
  1 歌会ご出席のとき、会費(1500円)を会場受付へ。
  2 しぐれ誌・句箋等を受け取る。
  3 作品を句箋(現在は3章)に書き、締め切り時間(午後6時30分)までに投吟する。
  4 選者が選をしている間は歓談等で過ごす。
  5 披講 の のち 散会

5 投吟 → 初めてのご参加の方は宿題3章までの作品を一枚の便箋に列記して投吟料(1千円)を同封する。
  次回からは、句箋 (当会より送付) に1章ずつ各宿題作品を書き、裏に雅名を小さく記入のこと。
  投吟料1千円と句箋と控えの便箋を同封して、歌会前日迄に吟社に郵送して下さい。
  歌会参加の「成績」は、控えの便箋にしるし、前回の発表誌と共に吟社より郵送します。

6 人生の機微を 七 ・ 七 ・ 七 ・ 五 で、たのしく表現して下さい。粋がり 揶揄 尊大 卑猥・・・等は避けて自分や生活 願  
  い等をどう詠むかの工夫をして下さい。
 ------------------------------------------------------

        都々逸ペンクラブ・しぐれ吟社
        〒111-0036 東京都台東区松が谷3-8-8
        吉住義之助

(しぐれ誌第733号より)

Powered by FC2 Blog

Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.