FC2ブログ

平成31年(2019)“しぐれ”新春歌会のご案内

とき/平成31年1月25日(金)夕5時より
ところ/東上野区民館・301号室(東京都台東区東上野3-24-6)

かいひ/\1,500(ご投吟のみの方は\1,000)

※出席者はお題の5題(ご投吟のみの方は席題以外4題)に対し各3章、作品をお作りください。

宿題  「作」  小野竹裏 選

宿題  「珍」  島田駱舟 選

宿題  「呑」  助川浩史 選

宿題  「共」  安藤陽子 選

席題  「衣」  吉住義之助 選

  
◎投吟所 〒111-0036 東京都台東区松が谷3-8-8 しぐれ吟社 吉住義之助
  
  都々逸しぐれ吟社は昭和12年から続く、東京で唯一の都々逸の吟社です。
  
  吟社および都々逸についての詳細はHPをご参照ください。
   http://www007.upp.so-net.ne.jp/wakazo/shigure.html

★皆さまのお越しをお待ちしています。

※12月の歌会は恒例により休会致します。
スポンサーサイト



しぐれ10月歌会三才作品

平成30年10月歌会10/26(金)東上野区民館3階和室

宿題 『返』 末松章子 選
天 
絵文字だらけの返信だった泣きたい気持ちを隠してた
              篠田みや
地 
気の利くあいつの好返球に尖った空気も丸くなる
              鈴木秋霖
人 
甍に触れそに石榴が割れて小春日枝ごと反り返る   
              稲葉建正

宿題 『希』 印牧小ばん 選
天 
一朶真綿の雲山の端に置いて秋天高く澄む         
              森 健二
地 
明日という名の列車に乗って百で下車する希望駅        
              志田則保
人 
悪いことだけ起きないように小さく引っぱる鈴の音
              末松章子

宿題 『靴』 志村まさ尋 選
天 
理由はいらない素足で靴を履いて芸能界を行く             
               佐藤孔亮
地 
自然遺産へ観光客の痛し痒しの靴の数         
               中島和子
人 
靴のサイズが親父を越える出世払いのスネかじり          
               茂呂 琴

宿題 『宴』 森 健二 選
天 
虎に仔猫を豹変させて箍が外れた無礼講
               印牧小ばん
地 
波に生まれた虹色刺繍海と光と風の宴
               西谷笑子
人 
蟹に地酒にご当地ソング二泊三日の大広間            
               末松章子

席題 『婆』 桂 文生 選
天 
どんな涙も包んでくれて祖母が微笑む丸い膝
               西山智華
地 
犬を弔う共同墓地に立てる卒塔婆千の風
               志田則保
人 
大好きだったの婆々抜きゲーム抜いてくれてた人に添う
                黒沢きみ子

Powered by FC2 Blog

Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.