FC2ブログ

都々逸鑑賞(その一)

 改めて説明すると、都々逸は七・七・七・五のリズムで詠む短詩で、そのリズムは初句の七「三・四」(もしくは四・四)、二句の七が「四・三」(同二・五)、三句の七は「三・四」(同四・四)で、五が止めとなります。

 しぐれ歌会では、その月の課題ひとつに対してひとり3章までの作品を提出。そして、それを選者が【佳作】(約20作品)、【七秀】(7作品)、【五客】(5作品)、【三才】(「人」「地」「天」)とランク付けして選びます。出席および投吟(出席せず作品を郵送)者の作品およそ180作品の中から選ばれますから、180分の40弱とかなり狭き門になります。

 ここで、五月の歌会で三才、いわゆるベスト3に選ばれた作品をみてみましょう。まずはお題「三」から。

 「天」つけては外した三面鏡へ逢いにいく日のイヤリング(末松章子)
 デートでしょうか。イヤリングを「つけては外す」ところに楽しみにしながらも迷う、女性の胸のうちが見事に表現されています。

 「地」仕事の区切りの鋏を拭いて庭師の三時はただ無口(鈴木秋霖) 
午後三時。朝からの仕事を終えて一服する庭師。鋏を置いた職人の仕事ぶりはおそらくすばらしいものなのでしょう。「無口」にその心粋を感じます。

 「人」 下町情緒に飾りをつけて三社祭の街に酔う(安藤陽子) 
お祭りの夜は街が人が、お祭りの雰囲気に酔っていますよね。それが年に一度の三社祭ならなおさら。下町情緒の濃さを感じる作品となりました。

 いかがでしょうか。選者の好みもありますが、現代都々逸はこれまでの都々逸とは違い、心情をつづった作品がより好まれるようになりました。皆さんもいいな、と思う都々逸を学んで、時には作ってみてはいかがでしょうか。

  ◎投吟所 〒130-0036 東京都台東区松が谷3-8-8 しぐれ吟社 吉住義之助
  
  都々逸しぐれ吟社は昭和12年から続く、東京で唯一の都々逸の吟社です。
  
  吟社および都々逸についての詳細はHPをご参照ください。
   http://www007.upp.so-net.ne.jp/wakazo/shigure.html
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.