平成28年度しぐれ歌会ベスト20作品

第1位   
吊革握って溜め息ついて都会へ斜めになったまま  
 (18点)             嶋本遊幾 

第2位   
今日の行き先女房が決めて丸首シャツから顔を出す 
 (17点)              末松章子

第3位
元気になあれと一言添えてビタミンカラーの鶴を折る    
 (16点)              西谷笑子

第4位
逸れていいのさ脇道だってどこかへつながる先がある  
 (16点)              里中 弓

第5位
格好つけてる心の殻を一枚脱がせた聞き上手  
 (14点)              西山智華

第6位 
えんじ金色山脈燃えて目のなか手のなか秋がいる  
 (13点)              時生青紅

第7位  
追いかけ続けてとどかぬ夢をそれでもも少し追ってみる      
 (11点)               大島歌織

第8位  
スタンド灯すと机が笑う夜が親しい友になる     
 (11点)              阿部 勲

第9位  
顔をあげれば若葉が揺れてちいさな悩みは風の中 
 (10点)              嶋本遊幾

第10位 
形見の羽織は師匠の匂い待ってましたの声がくる       
 (10点)              鈴木秋霖


第11位 
洗濯日和の満艦飾は団地を活きてる顔にする   
 (9点)               鈴木秋霖

第12位 
僕の悩みを見て見ぬふりで空はあっけらかんと青   
 (9点)              阿部 勲

第13位 
脈あり脈なしどうでもよくて俺を生きてる俺でいい    
 (9点)               嶋本遊幾

第14位 
打てば響いて貧乏神と気の合うくらしが路地にある
 (9点)               稲葉建正

第15位 
庭の小菊を明るく生けて秋を茶の間の客にする    
 (8点)               西山智華

第16位
風と落ち葉がワルツを踊る故郷はここから冬の音       
 (8点)               西潟賢一郎

第17位 
拾った小犬にいい名がついて家族の笑顔を駆けまわる      
 (8点)               西山智華

第18位 
呼ばれた気がして振り向く顔に明るくぶつかる春の風    
 (8点)               鈴木秋霖

第19位 
春が小さなノックをくれる遍路に優しい鈴の音
 (7点)               中島和子

第20位 
どっちつかずの返事となってブランコ一際高く漕ぐ     
 (7点)               鈴木秋霖

第21位
一人暮らしの包丁始め太い大根真っ二つ
 (7点)               小野桂之介

第21位
転居届けの一コマごとに僕の暮らした四季がある
 (7点)               嶋本遊幾
第21位
お茶が入った天気になった秋の夫婦の言葉数
 (7点)               末松章子


『ベストテン歌選考について』
 平成27年度しぐれ歌会ベストテンは、同人9人と吟社より依頼した11人の計20人による合点で行われました。各月歌会の三才作品150章から、三才、五客、七秀を選んで頂き、2月1日に義之助宅で孔亮、陽子が集計にあたりました。嶋本遊幾さんの第1位は2回目ですが、4位に里中弓さん、6位に最近歌会に参加されたばかりの時生青紅さんの作品が入り、新しい風が吹いた感じがします。ご協力くださった皆さんありがとうございました。(孔) (「しぐれ誌」第712集より)  
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.