平成28年4月しぐれ歌会三才作品

平成28年4月歌会4/22 (金)東上野区民館3階和室

宿題『路』 末松章子 選
天 
あのころ道路は遊び場だった夕日がご飯と呼びに来た
              阿部 勲
地 
蓬の香りは小路の老舗売り切れましたと草だんご
              稲葉建正
人 
路地に朝顔すっかり初夏の風が下町吹き抜ける    
              佐藤孔亮

宿題『港』 長谷川宗太郎 選
天 
別れの台詞の語尾すれすれに未練が錨に蹴躓く         
              印牧小ばん
地 
心の港にあなたを泊めて夢の波間へ寝つかせる        
              西山智華
人 
沖の漁火波間に揺れて星降る港は寝静まる
              鈴木秋霖

宿題『職』 小野桂之介 選
天 
今日が終わったいつもの席で無口な居職の燗徳利             
               佐藤孔亮
地 
どうすりゃいいのさシングルマザー職は非正規子は待機            
               植竹団扇
人 
親とおんなじ処にあった長年育てた座り胼胝           
               上田野出

宿題『馬』 志村まさ尋選
天 
下馬の石碑へ背筋を伸ばし潜る古刹の仁王門
               島田駱舟
地 
がんばれくまモン踏ん張りどころエールを送った三春駒
               葉山湘風
人 
馬の骨だが青葉の初夏へ俺にも嘶く空がある            
               稲葉建正

席題『悪』 安藤陽子 選
天 
主役のアイドル食う悪役を大部屋役者が演じきる
               落合正子
地 
女房へアリバイお互い様の悪友同士の庇い合い
               印牧小ばん
人 
誰かを通した悪口だから酒の肴に聞き流す
               佐藤孔亮
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.