平成29年11月しぐれ吟社創立八十周年記念歌会三才作品

平成29年11月歌会11/23(木・祝)湯島天神「参集殿」1階広間

宿題 『紙』 篠田みや 選
天 
落ち葉ころがる季節となって障子貼る日の日を選ぶ
              鈴木秋霖
地 
あっと驚く話題も連れて地方紙雪踏む音でくる
              稲葉建正
人 
紙のお皿に笑いも盛って芋煮河原が晴れわたる    
              稲葉建正

宿題 『グッバイ』 稲葉建正 選
天 
金の切れ目の切り取り線に気づき裸の王と知る         
              島田駱舟
地 
久しい出会いの嬉しい握手又ねの握手に咲く余韻        
              安藤陽子
人 
白寿で逝ったが短詩を愛し郷土へ残した都々逸碑
              黒沢きみ子

宿題 『鈴』 嶋本遊幾 選
天 
軒の風鈴音なくゆれて過疎は静かに雪となる             
               西潟賢一郎
地 
帯に挟んだ小鈴が揺れて秋の灯に読むみすゞの詩         
               黒沢きみ子
人 
顔も朧になる初恋の耳朶に棲みつく鈴の音          
               上田野出

宿題 『八』 鈴木秋霖 選
天 
決めたこの道一直線に一か八かの賭けに出る
               安藤陽子
地 
止める理由が見つからなくてとうとうお山は八合目
               佐藤孔亮
人 
あれだこれだと言わなくなって父は八十路の坂を踏む            
               黒沢きみ子

席題 『寿』 吉住義之助 選
天 
母をちんまり上座に据えて長寿が長寿を祝う席
               鈴木秋霖
地 
健康長寿が何より自慢老いは蹴飛ばすシェアハウス
               印巻小ばん
人 
新春を寿ぐ祝いの酒に微酔う機嫌の目が弛む
               久米ひろ子
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.