FC2ブログ

平成29年度しぐれ歌会ベスト20作品

第1位   
全て打ち明けたい日の雨が優しい音符の音で降る  
 (16点)            黒沢きみ子 

第2位   
一抜け二が抜け三四も抜けて話はなかったことになる 
 (14点)            鈴木秋霖

第3位
納品済ませた夕焼け空に叩く軍手の春埃    
 (13点)            鈴木秋霖

第4位
時代がひとおつ終わったようないい人煙になっちまう  
 (13点)             嶋本遊幾

第5位
なかなか心が掴めぬ酒へつるんと逃げてく衣かつぎ  
 (13点)             佐藤孔亮

第6位 
鈍感力さえ味方につけて女を図太く生きてみる  
 (12点)             黒沢きみ子

第7位  
幸福だったと勝手に思う妻の遺影はいい笑顔      
 (11点)              阿部 勲      

第8位  
みんな取り越し苦労で済んだ御礼参りの鈴の音     
 (11点)              末松章子

第9位  
熨斗のかかった一升瓶も並んで観ている里神楽 
 (11点)             稲葉建正

第10位 
望んだ道ではなかったけれどこれでよかったこれがいい       
 (10点)             大島歌織

第11位 
もみじマークを返しに行った父に一本つけておく   
 (9点)              末松章子

第12位 
こぼした涙も笑った皺も全部重ねる屋根の下   
 (9点)              嶋本遊幾

第12位 
小便小僧の放物線をちょっと揺らして若葉風    
 (9点)              小野桂之介

第14位 
高座のリズムがトトンと寄せてボクは長屋に運ばれる 
 (9点)              阿部 勲

第15位 
抜いちゃいけない刀を持って敵に今夜も逢いに行く    
 (9点)              佐藤孔亮

第16位
地蔵の手の平居心地よくて小鳥もこぼれ陽浴びている       
 (9点)              稲葉建正

第17位 
季節の移りへ衣装を替えて山は豪華な衣装持ち      
 (9点)              阿部 勲

第18位 
時々意見もぶつかりながら夫婦の歴史が厚くなる    
 (8点)              鈴木秋霖

第19位 
真っ直ぐ引かれた感情線はその先あなたに伸びている
 (8点)              小川野蛙

第20位 
訛も乗っけたローカル線のぬるい車内が心地良い     
 (7点)              長谷川宗太郎

第21位
母をちんまり上座に据えて長寿が長寿を祝う席
 (7点)              鈴木秋霖

第22位
九条読む隙ないやつだから平和の布団がしめっぽい
 (7点)              稲葉建正


第23位
落ち葉ころがる季節となって障子貼る日の日を選ぶ
 (7点)              鈴木秋霖

第24位
母の手紙は広告ウラの細く震えたありがとう
(7点)               西山智華

第25位
目を閉じ耳閉じ避けたい話酒は細めに流す咽
(7点)               鈴木秋霖

『ベストテン歌選考について』
 平成29年度しぐれ歌会ベストテンは、同人9人と吟社より依頼した11人の計120人による合点で行われました。各月歌会の三才作品に誌上大会を加えた165章から、三才、五客、七秀を選んで頂き、2月2日に義之助宅で孔亮、陽子が集計しました。黒沢きみ子さんの第1位は初めての受賞です。おめでとうございます。(孔) (「しぐれ誌」第732集より)  
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 都々逸しぐれ吟社 All Rights Reserved.